ジュースは糖分が含まれているので、皮脂の分泌を活性化させ、ニキビが出来やすくなります。

MENU

ニキビに悪い飲み物

 

ニキビに食べ物があるのと同じようにニキビに悪い飲み物があります。
どんな飲み物がニキビに悪いのでしょうか?

 

 

ジュース

 

ジュースには大量の糖分が含まれています。

 

糖分を摂りすぎると皮脂の分泌が活性化されたり、体内のビタミンが不足してしまったりなどでニキビができやすくなったり、悪化する原因になったりします。

 

野菜ジュースは体によさそうですが、糖分が大量に入っているものもあるので注意が必要です。
また、炭酸飲料や栄養ドリンクにも大量の糖分が入っているので注意しましょう。

 

 

カフェイン

 

缶コーヒーには大量の糖分が入っていたり、インスタントコーヒーには添加物が大量に入っているので注意が必要です。

 

また、カフェインには飲みすぎてしまうと胃酸が出過ぎてしまい胃を荒らしてしまったり、ニキビを抑制する働きをするビタミンやミネラルの吸収を抑制してしまい、結果としてニキビができやすくなる原因になります。

 

 

冷たい飲み物

 

冷たい飲み物は体を冷やしてしまうので、消化機能を低下させてしまうなど内蔵に大きな負担をかける事につながってしまい、ニキビをできやすくする原因になってしまいます。

 

飲み物はできるだけ常温に戻したものを飲むようにしましょう。

 

 

アルコール

 

アルコールを摂取しすぎてしまうとニキビを抑制する働きをする体内のビタミンを大量に消費してしまったり、糖分の過大摂取につながり肌荒れやニキビを作りやすくする原因になってしまいます。

 

また、肝機能の低下等体調も悪化させてしまう原因にもつながるので、アルコールの摂取量には十分気をつけましょう。

 

 

牛乳

 

牛乳には男性ホルモンの一種である「テストステロン」を増やしてしまう効果があるので、過剰に摂取してしまうと皮脂の分泌を促してしまい、ニキビを悪化させてしまう原因になってしまいます。

 

飲み過ぎない分にはニキビを抑制する効果もあるので摂取量には気をつけましょう。