ピーリングと漢方を使ってニキビ以外も治療する

MENU

ニキビ対策にピーリング


エイジングケアとしてピーリングを取り入れる

ピーリングは古い角質を取り去って、肌の代謝を高めるものです。
ニキビ、シミ、シワなどの治療として皮膚科の分野では世界中で行われています。
ですが、ピーリングによるトラブルが出たことも過去にはあったのでピーリングに対しての悪いイメージを持つ人も多いようです。


ピーリングしても肌は薄くならない
角質を取っても、肌は再生されます。
新しい肌が下からどんどん生まれるので、肌が薄くなることはありません。
むしろ、続けることでコラーゲンが増えて肌がふっくらします。


ピーリングは肌が弱い人でも使える
ピーリングは、角質を除去する美容法です。
肌に何らかの成分を吸収させないのでアレルギーは起こしません。
肌が敏感で心配な人は、弱めのピーリングから始めれば徐々に慣れていきます。
むしろ、代謝が上がって肌が丈夫になることもあります。
ピーリングは自宅で簡単に行えるものもありますが、より効果を望むなかば、専門のクリニックで受けたほうがよいです。



ニキビによく使われる漢方

大人のニキビは体の中のホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多いものです。
漢方薬でホルモンバランスを整える事がとても有効です。

  • 漢方薬は体の中のバランスを整え、自分自身の治癒力を高めていく薬です。ニキビを根本的に治すには漢方薬の飲み薬がおすすめです。

  • 漢方薬でニキビ治療をすると、ニキビと同時に頭痛や生理痛、便秘などの体調不良も治ることがあります。

  • 漢方薬は体質によって処方が選択されるため、同じニキビでも人によって違う薬が使われることがあります。病院で処方してともらうと健康保険が適用されます。

  • 「漢方薬は、効果が出るのに時間がかかる」と思われるかもしれませんが、 それは、ケースバイケースです。ニキビの漢方治療の場合は、 2~4週間で何らかの効果が現れることが多いようです。


▼当帰芍薬散(とうきしゃくさん)
色白で冷え症、貧血気味、疲れやすい、むくみやすいなどの体質の人に有効的です。
どちらかというと小さめのニキビができる人にいいです。
生理の前に頭痛がする人に合いやすいです。


▼加味逍遥酸(かみしょうようさん)
便秘がちで慢性的な頭痛、肩こりがありイライラしやすく、やや大きめのニキビができる人に有効的です。PMSや不定愁訴がある人にいいです。


▼桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
体力があるタイプで、のぼせやすく、頭痛や肩こりがある人に有効的です。
PMSや生理痛が強い、子宮筋腫などがある人にいいです。


▼荊芥連翹湯(けいがいれんぎょうとう)
脂質肌で小さめのニキビが顔全体に散らばってできる人に有効的です。
慢性鼻炎がある人にいいとも言われています。


▼清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)
脂性肌で大小さまざまなニキビが顔中にできる人に有効的です。


▼十味敗毒湯(じゅうみはいどくとう)
大きく膿みをもつニキビがポツンポツンとできるタイプの人に有効的です。
背中やおしりのニキビにもいいです。
ですが、便秘がちの人はそれを改善しながらでないと、この薬は効きません。


▼温経湯(うんけいとう)
冷え症で疲れやすく生理前にお腹が張る、生理中に下痢をするなどがある人のニキビに有効的です。